お客様本位の業務運営方針

お客様本位の業務運営方針

株式会社FTISは、お客様第一主義の徹底とサービス品質の向上に向け、一人でも多くのお客様から感謝のお言葉をいただくために、組織を挙げて取り組んでいきます。

1.お客様への価値の提供

@

お客様のライフステージやビジネスシーンにおける、あらゆるリスクへの備えをトータルにサポートするため、幅広い保険商品やサービスを取りそろえます。

A

お客様の暮らしや事業を豊かにする、健康、金融、経済など多岐にわたる情報を収集・分析し、担当する社員やセミナー、相談会などを通じて提供いたします。また、こうした活動を通じてお客様自身がお気づきにならないさまざまなリスクの「見える化」も実施いたします。

B

お客様とのコミュニケーションを重視し、お客様のご要望だけでなくおかれた状況や環境を的確に把握した上で、お客様にとって何が大切で必要かを第一に考えた最適なソリューションを、生命保険・損害保険の商品やサービスを通し、総合的に提供いたします。

C

お客様の加入する保険の内容に応じ、ご契約後も適切なタイミングで情報提供するなど万全なアフターフォローに努めます。また、お客様のリスクへの備えが途切れることのないよう、システム等による適切な満期管理等を実践していきます。

D

事故・災害等に遭われたお客様や入院・手術をされたお客様については、誠実かつ真摯な対応でお客様の不安を和らげるとともに、保険金や給付金の速やかなお受取をサポートいたします。

2.お客様の声の尊重

@

お客様からいただいた苦情(ご不満の表明)、お問い合わせ、ご相談、ご要望、ご意見など(以下、「お客様の声」)を経営上最も重要なものと受け止め、専門部署に集約・分析するとともに、サービス品質の向上に向けた対策を策定・実行いたします。

A

「お客様の声」の一つ一つに真摯に対応するとともに、特に重要と思われる事例等については全社員に周知徹底いたします。

B

お客様からの「おほめの言葉」や「ありがとう」についても、私たちの行動を認めていただいた証として大切に受け止め、日々の活動の励みにするとともに全社員でお手本として共有することで、より多くの「おほめの言葉」や「ありがとう」がいただけるよう努めます。

3.プロとしてのスキルアップ

@

お客様への提案の質を高め、ご満足いただけるよう、金融知識・商品知識・病気や治療法の知識およびお客様の事業やライフスタイルに合わせたリスクマネジメントに関する教育・研修を継続的に実施し、プロとしてのスキルアップに努めます。

A

専門性を高めるための資格取得を推進します。

4.適切な募集態勢の構築

  • (1)お客様にふさわしいサービスの提供
  • @

    お客様の保険商品に関する知識・経験、ご加入目的および財産の状況を的確に把握し、当社所定の方針(当社所定の方針)にのっとりそれぞれのお客様にふさわしい商品・サービスを提供しているかを社内のモニタリングや自主点検等を通じて適切に管理いたします。

  • (2)重要な情報の分かりやすい提供
  • @

    お客様に保険商品の内容やお客様のリスクまたは不利益となり得るような重要情報が正しくご理解いただけるよう、明確で分かりやすい説明に努めます。

    A

    ご高齢や障がいをお持ちのお客様など配慮が必要なお客様については、お客様に誤解が生じないよう、より丁寧な対応を心掛けます。

    B

    保険商品・保険会社の乗り換えや、早期解約が発生する場合についても、お客様に不利益となる可能性があることを分かりやすくご説明いたします。

    C

    これらを社内の規程やルールに定め、社内のモニタリングや自主点検等を通じて適切に管理・運営いたします。

  • (3)利益相反の適切な管理
  • @

    複数の保険会社の保険商品を取り扱い、それぞれの保険会社所定の代理店手数料、事務受託手数料等を受領する中、お客様への保険募集・販売等にあたって手数料等の大小や、その他いかなる関係等(系列・出資・設立経緯等)に影響されることなく、当社所定の方針(当社所定の方針)にのっとりお客様のご意向に沿った最善・最適な商品提案、募集・販売が行われているかを社内のモニタリングや自主点検等を通じて適切に管理いたします。

  • (4)お客様情報の適切な管理
  • @

    お客様の大切な情報を数多く取り扱うことから、その適切な取り扱いのために必要となる社内規程の整備など、万全な情報管理態勢の構築に努め、個人情報については対外公表している「プライバシーポリシー」や「個人情報の取得と取扱いについて」(当社所定の方針)にのっとり適切に管理いたします。

5.企業風土の構築

@

「経営理念と行動指針」をホームページや会社案内に掲載するとともに、経営計画、事業計画の中核に、それらを盛り込みます。

A

全社的な会議や研修、社内掲示板など、あらゆる手段を用いて「経営理念と行動指針」を役職員に浸透させ、その定着に努めます。

B

社内の組織や個人の評価制度において、業務品質やコンプライアンス等の評価項目を導入し、「経営理念と行動指針」を積極的に実践する企業風土を構築いたします。

【ご参考】
「顧客本位の業務運営に関する原則」と当社「お客様本位の業務運営方針の実践に向けた取り組み」との関係

  • 当社は金融庁の「顧客本位の業務運営に関する原則」を採択し、取組方針として「お客様本位の業務運営方針の実践に向けた取り組み」を制定のうえ、ホームページ上で公表していますが、原則順の記載となったいないため、以下のとおり対応関係を明示します。

原則 お客様本位の業務運営方針の実践に向けた取り組み
原則2
顧客の最善の利益の追求
  • 1.お客様への価値の提供
  • 2.お客様の声の尊重
  • 3.プロとしてのスキルアップ
  • 5.企業風土の構築
原則3
利益相反の適切な管理
  • 4.適切な募集態勢の構築
    • (3)利益相反の適切な管理
原則4
手数料等の明確化

当社はお客様のリスクまたは不利益となるような重要情報は明確で分かりやすい説明に努めるとしているほか、手数料等の大小は保険募集・販売に影響がないことを表明しています。

  • 4.適切な募集態勢の構築
    • (2)重要な情報の分かりやすい提供
    • (3)利益相反の適切な管理
原則5
重要な情報の分かりやすい提供
  • 4.適切な募集態勢の構築
    • (1)お客様にふさわしいサービスの提供
    • (2)重要な情報の分かりやすい提供
    • (3)利益相反の適切な管理
原則6
顧客にふさわしいサービスの提供
  • 1.適切な募集態勢の構築
  • 3.プロとしてのスキルアップ
  • 4.適切な募集態勢の構築
    • (1)お客様にふさわしいサービスの提供
原則7
従業員に対する適切な動機付けの枠組み等
  • 5.企業風土の構築

当社は複数の金融商品・サービスのパッケージ販売・推奨等は行っておらず、また金融商品の組成も行っておりません。
したがって、原則5(注2)および原則6(注2)(注3)については本取り組みの対象としていません。

以 上